「カウンセリング研究」の電子化に伴う公開の許諾に関するお願い

                                    2015年5月11日
日本カウンセリング学会
関係会員 各位               
                                 日本カウンセリング学会
                                  理事長  山口 正二
                                 編集委員長 藤生 英行

      「カウンセリング研究」の電子化に伴う公開の許諾に関するお願い

 日本カウンセリング学会では、より多くの方にカウンセリング研究の知見を提供するため、機関誌「カウンセリング研究」の電子化(紙面を電子データとしてウェブ上で公開)を行い無償公開することになりました。この電子化では、第43巻第4号以前の既刊の機関誌を順次電子化する予定です。この電子化によって、J-stageが提供する論文データベース・サービスへデータが提供されます。
 つきましては、これまで「カウンセリング研究」に執筆いただきました会員各位におかれましては、著作権の「複製権」や「自動公衆送信権」などのオンラインでの配信に関わる権利を、日本カウンセリング学会に許諾(第三者への許諾権も含む)していただきたいと考えております。
 本来は、著者各位に許諾手続きを行うべきでありますが、この告知をもって、代えさせていただきたいと考えております。
 なお、論文の筆頭著者におかれましては、第二著者以降の皆様にご確認のほど宜しくお願い申し上げます。
 以上、関係会員各位のご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: トピックス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。